不動産運のお守り 良い土地や物件を引き寄せる…不動産運を上げる刀印護符 国際ブランド 木曽ひのき 不動産運のお守り 良い土地や物件を引き寄せる…不動産運を上げる刀印護符 国際ブランド 木曽ひのき 【不動産運のお守り】良い土地や物件を引き寄せる…不動産運を上げる刀印護符,(木曽ひのき),文房具・オフィス用品 , 事務用品 , 製本機・製本アクセサリー,equityhomes.in,/corticate35807.html,1050円 1050円 【不動産運のお守り】良い土地や物件を引き寄せる…不動産運を上げる刀印護符 (木曽ひのき) 文房具・オフィス用品 事務用品 製本機・製本アクセサリー 【不動産運のお守り】良い土地や物件を引き寄せる…不動産運を上げる刀印護符,(木曽ひのき),文房具・オフィス用品 , 事務用品 , 製本機・製本アクセサリー,equityhomes.in,/corticate35807.html,1050円 1050円 【不動産運のお守り】良い土地や物件を引き寄せる…不動産運を上げる刀印護符 (木曽ひのき) 文房具・オフィス用品 事務用品 製本機・製本アクセサリー

不動産運のお守り 良い土地や物件を引き寄せる…不動産運を上げる刀印護符 国際ブランド 木曽ひのき 爆安

【不動産運のお守り】良い土地や物件を引き寄せる…不動産運を上げる刀印護符 (木曽ひのき)

1050円

【不動産運のお守り】良い土地や物件を引き寄せる…不動産運を上げる刀印護符 (木曽ひのき)


商品の説明

護符の浅草吉原九郎助堂 お守り

――――――

浅草吉原九郎助堂で承っております「刀印護符」は、祈願者様の刀印(指)で魂入して完成する秘法の護符(お守り)です。

――――――

刀印護符とは

陰陽師や修験道、密教の刀印を使って行う秘法「神伝十字の法」や「九字護身法」などを応用し、

護符にその術式を融合して成した秘法の護符(お守り)です。ご用命を承りましてから、術者が護符一枚一枚に念を込めておすりし祈念して、

最後に祈願者様が刀印(指)で護符の文字や線をなぞり魂入することで完成いたします。

刀印護符(お守り)には越前和紙や屋久杉などの神木を使用して、大きさは名刺サイズとはがきサイズがございます。

――――――

お守り 護符 神社 不動産運 風水

――――――

【不動産運のお守り】良い土地や物件を引き寄せる…不動産運を上げる刀印護符

  • 金運の中でも「不動産運」を上げると伝えられている護符(お守り)です。北極星が神格化された道教の神に由来する、紫微北極大帝六十四霊符の一枚です。
  • この不動産運の護符(お守り)は元々、豊作となる農地を探し当てるのに使われていました。現代では転じて、良い土地や戸建住宅、マンション、店舗などの良物件を引き寄せるといわれております。
  • なかなか良い物件が見つからない人や、土地や建物の風水をされている方、何故か住んでみると近隣トラブルなどに見舞われる人におすすめいたします。
  • また、不動産投資や資産運用を行い、財産を築く運気も整えてくれると伝えられています。

――――――

魂入の法(使い方/不動産運)

  • 女性は右手、男性は左手を使い刀印(画像をご参照)をした指先で、ダメかも、負けるかもといった思いは一切排し、「想い」を強く込めながら護符の文字、符形、線をなぞってください。
  • 書き順は心に想うままで大丈夫です。これによって刀印護符の魂入は完成です。

――――――

保管方法

  • 護符(お守り)を身に付けて大切にしてください。普段持ち歩く財布やカバンに入れる方が多いです。
  • 他の人に見られたくない場合は、白い封筒や紙で包んでください。

――――――

お守り

――――――

神木の素材等について

  • 「屋久杉」「桜」「木曽ひのき」の3種類です。文字は「黒」となります。天然木材を薄く削り、特殊な加工で符板に仕上げました。大きさは「名刺サイズ」のみ、厚さは約0.25mm前後(郵便ハガキより少し厚め)です。屋久杉や桜、木曽ひのきの力を得ることで、和紙の護符(お守り)よりも強い力を持つと口伝されています。

――――――

【屋久杉】

  • 太古より山岳信仰が根付く屋久島は最強のパワースポットといわれ、その屋久島の樹齢1000年を越える杉を「屋久杉」と呼びます。台風が常襲する屋久島の厳しい自然の中で生き続けたその屋久杉の力を宿した不動産運の護符(お守り)です。

【桜】

  • 神話の時代から神木として崇められ、古事記や日本書紀に登場する女神「木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)」は「桜の花の咲くように咲き栄える女性」の意味もあり神話の時代から、今尚、多くの日本人に愛される桜の力が宿る不動産運の護符(お守り)です。

【木曽ひのき】

  • 日本書紀に「ヒノキは宮殿に、マキは棺に使え」と記され、「木曽ひのき」は伊勢神宮や法隆寺五重の塔、薬師寺など多くの神社仏閣を建てるための木材として使われています。その木曽ひのきの清らかなる力を宿す不動産運の護符(お守り)です。

――――――

※ご注意ください

  • 木の種類により、木の香りがします。桜は香りが弱いです。木目や色合い、厚みが一枚一枚異なります。運気の流れに任せますので指定はできません。
  • 天然の木材を使用していますので、湿度や気温により反りや波打ちがでることがあります。木目の特性上、文字の「かすれ」や「にじみ」がでる場合があります。無理に折り曲げると破損することがあります。

――――――

お守り 護符
お守り 護符
護符 お守り 神社

――――――

刀印護符を刀印(指)でなぞる理由

邪気をはらう為に空中に刀印で九字を切る「九字護身法」、

緊張した時、手のひらに「人、人、人」と指で書き、それを飲み込むという、おまじないを聞かれたことはないでしょうか。

これらと同じように、刀印護符を刀印(指)でなぞることで、祈願者様の魂入ができ、十分な威力を得ることが出来ると伝えられています。

むしろ、想いや願いを込めることに集中できますので、ご自身で書くよりも威力が高まることも多々ございます。

――――――

護符 お守り 神社

――――――

刀印護符の由来

――――――

刀印護符伝「指を剣になぞらえて刀印を結び、心身の邪を斬り祓い、護符に魂入をなす」

――――――

本来であれば、護符(お守り)はご自身で書き、御作りになるのが最も良いです。

しかし、護符(お守り)を書きなれている人であれば、

願いや想いを強く込めながら書くことができるのですが、

護符(お守り)には普段使わない特殊な文字や符形が多いため、

書きなれていない人は、どうしても間違えないようにと書くことだけに集中してしまい、

願いや想いを込めながら書くということができません。

刀印護符は、そのような人をお助けする為に編み出されました。

術者自身も急な願い事や旅立ち、また突然の呪いや生霊、呪詛、呪術合戦となり、

身を清める時間や精神統一の時が少ない場合、あらかじ用意して持ち歩いていた刀印護符を使うこともございます。

――――――

【不動産運のお守り】良い土地や物件を引き寄せる…不動産運を上げる刀印護符 (木曽ひのき)

WHAT'S NEW

RANKING

SELECT

CATEGORY