1243円,/geopolitic1896441.html,equityhomes.in,おもちゃ , 赤ちゃん・幼児のおもちゃ , 早期発育・アクティビティ玩具,アルゴ 1243円 アルゴ おもちゃ 赤ちゃん・幼児のおもちゃ 早期発育・アクティビティ玩具 正規品スーパーSALE×店内全品キャンペーン アルゴ 1243円,/geopolitic1896441.html,equityhomes.in,おもちゃ , 赤ちゃん・幼児のおもちゃ , 早期発育・アクティビティ玩具,アルゴ 1243円 アルゴ おもちゃ 赤ちゃん・幼児のおもちゃ 早期発育・アクティビティ玩具 正規品スーパーSALE×店内全品キャンペーン アルゴ

バーゲンセール 正規品スーパーSALE×店内全品キャンペーン アルゴ

アルゴ

1243円

アルゴ

商品の説明

スタイル:単品

商品紹介

遊べば遊ぶほど集中力・記憶力・分析力が身につき、論理的思考能力が向上。子供から大人まで脳のトレーニングに役立つカードゲームです。

Amazonより

   アルゴは相手のカードの数字を当てるゲーム。遊びながら思考力・集中力・記憶力がみるみる向上する、大人と子どもが対等にプレーできる推理カードゲーム。

アルゴは、算数オリンピック委員会(会長:広中平祐京都大学名誉教授・文化勲章・フィールズ賞受賞)、東京大学数学科の学生有志、 第一回数学オリンピック優勝者で、大道芸人としても著名な数学者ピーター・フランクル氏らが共同で発明・開発したゲーム。
ルールはカンタンなので、誰でもすぐにプレーでき、プレーするうちにゲームのおもしろさと奥深さに驚く。遊べば遊ぶほど集中力・記憶力・分析力が身につき、論理的思考能力が向上。 子どもから大人まで脳のトレーニングに。

【遊び方】

  • カードはアルゴ基本ルール通りにならべ、数字がわからないようにふせて置く。
  • 対戦相手の、ふせてあるカードの数字を推理して当てる。
  • 自分のカードの数字と、ゲームを進めていくうちにわかってくる条件をヒントに推理する。
  • 相手のカードを先に全部当てた方が勝ち。

※カードだけでもプレーできるが、チップを使うとよりゲーム性が高まる。
※遊び方は2人プレー、3人・4人プレー、ペアプレー、1人プレーなど。

使うもの
アルゴカード24枚とポイントチップ40枚を使用。

・アルゴカード(24枚)

黒カード12枚(0~11まで各1枚) 白カード12枚(0~11まで各1枚)


・ポイントチップ(40枚)

赤40点(4枚) 青30点(8枚)

黄20点(12枚) 緑10点(16枚)

基本ルール

●カードの並べ方

配られたカードは、自分から見て左から右へ、数字の小さい順に一列に並べる。


小←――― ―――→大


白と黒のカードで同じ数字がある場合は、「黒の方が小さい」とする。


小←――― ―――→大


ゲーム中、山から引いてきたカードを自分のカードの列に入れるときも、このルール通りとする。


小←―――― ―――――→大


※カードは、ふせて並べたり、オープン(数字を見せて置くこと)して並べたりするが、いつも並べるルールは同じ。
※アルゴはいつでも、このアルゴ基本ルール通りにカードを並べる。

●ポイントチップのルール

チップを使う場合は、最初に「持ち点」を持ってゲームをスタート。
アタックが成功したときや、1ラウンドが終わるごとにチップをやりとりし、1ゲーム終了後の得点を競うゲームとなる。

チップの得点は色ごとに異なる。
赤40点 青30点 黄20点 緑10点

持ち点
2人プレー (各400点) 赤2枚 青4枚 黄6枚 緑8枚

3人プレー (各230点) 赤1枚 青2枚 黄4枚 緑5枚

4人プレー (各200点) 赤1枚 青2枚 黄3枚 緑4枚

ペアプレー (ペアで合わせて400点) 赤1枚 青2枚 黄3枚 緑4枚

<アタックが成功したとき>
・アタック(2人プレーで説明します)で成功したら、当てた人は、相手からその場で10点もらえる。
※当てたカードが「6」のときは、ボーナス点として、さらに10点もらえる。

<ラウンドで勝ったとき>
・ラウンドの勝者は、「残ったカードの枚数」×10点(2枚なら20点)ずつ、他のプレーヤー全員からもらえる。
・ペアプレーの場合は、敵の2人から、もらう。
※残ったカードの中に「6」があるときは、ボーナス点として、「6」1枚につき、さらに10点もらえる。

●ペナルティ(失格)について

・カードの並べ方が「アルゴ基本ルール」通りではなかった場合、アタックされたときに正直に答えなかった場合、山から2枚以上のカードを引いた場合は失格となり、その時点でカードを全部オープンにして、そのラウンドを降りなければならない。
・チップを使っている場合は、さらに50点を場に出す。この50点は、そのラウンドの勝者がもらう。
・もしラウンドが終了してから、失格がわかったときには全員に50点ずつ渡す。

●考える時間について

考える時間として1回30秒以内を目安にすると、ゲームの進行がだらけない。メンバー構成により、年齢なども考えて適当に決めて楽しんでみよう。

●チップが足りなくなったら

ゲーム途中でチップが足りなくなったときは、多く持っている人から借りてゲームを続け、ゲーム終了時に清算。

アルゴ

どんな記事をお探しですか?

ブランディング、ファイナンス、組織開発、デザイン、AI、メルカリ、ラクスル、モチベーションクラウドなどのキーワードで検索しましょう。メルカリ小泉さんがあのとき組織について語っていたな・・・と思ったら「メルカリ 小泉 組織」で検索しましょう。